読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanetinの日記

日々の勉強のアウトプット。今は災害医療・微生物学を勉強中

微生物学

細菌の分類や性質について

生物学上の位置 R.H.Whittakerによる五界説によると、生物は動物界、植物界、菌類界、プロティスタ界、モネラ界に分けられる。モネラ界は全ての原核生物を含むため、原核生物である細菌や古細菌はモネラ界に属する。真核細胞を持つ微生物はプロティスタ界か…

腸内細菌の役割

胎児は母体内にいるときは無菌環境に存在するが、産道及び環境中に存在する微生物に曝露してはじめて体内に常在微生物叢を形成する。これは主に体表面や体腔表面に存在するが特に腸内に存在するものを腸内細菌という。一般に腸内に100種類以上、100兆…

コッホの条件

コッホの条件とは、その微生物が特定の感染症の病原体である条件のこと。 その病気の病変部に必ず存在すること その病気から分離、純培養できること 純培養し、動物に接種すると同じ病気が現れること その病変部から再び分離できること hanetin.hatenablog.c…

原核細胞、真核細胞、ウイルスの特徴

原核細胞と真核細胞 原核細胞 核膜なし 細胞内小器官なし リボソームは70S(30S+50S) 細胞壁はペプチドグリカン 転写と同時に翻訳 真核細胞 核膜あり 細胞内小器官あり リボソームは80S(40S+60S) 細胞壁はキチンかセルロース 転写後…

生態系での微生物の分布と役割

微生物とは、通常肉眼では見えない「小さな生物」という意味。この生物を扱うのが微生物学。対象は、真菌、原虫、細菌、ウイルス。前者の3つは生物の基本単位である細胞を持つため微生物に分類されるが、ウイルスはただの核酸とタンパク質の集合体であるた…

微生物学のもくじ

微生物学序論 生態系での微生物の分布と役割 腸内細菌(常在微生物)の役割 原核生物、真核生物、ウイルスの特徴 コッホの条件 細菌学総論 細菌の分類と性質 細菌の構造と増殖機構 細菌の異化作用及び同化作用 細菌における細胞膜の機能 細菌特有の構成成分…